ハロウィン・ノーブル~シンデレラとガラスの靴~(2019.10.20, Sun)

10月20日(日)、青い部屋に引き続き、あの赤い部屋の扉が再び開く。

その名も、「ハロウィン・ノーブル – シンデレラとガラスの靴」。

いかなる穢れも赦されぬこの宴は、誰一人として血を流さない優しい世界。

自由と美意識と創造性に満ちた「あなたにとってのハロウィンらしいファッション」を楽しみましょう(コスプレもOK)!

真っ赤な壁、いくつものシャンデリアが輝くこの空間は、まさにインスタ映え空間。

『ハリー・ポッター』でおなじみの「バター・ビール」や「かぼちゃジュース」、そしてオリジナルカクテルやかぼちゃのスイーツはTLを美しく彩ること間違いなし!

みんなでお菓子を持ち寄って、ワンランク上のハロウィン・パーティーを一足早く先取りしませんか?

「持ち込み自由」なので、何もお持ち込みいただかなくても大丈夫ですし、お菓子やハロウィンに関係ない食べ物や飲み物でも歓迎ですよ!

(私は、米国から飛んで来たあの美味しい幻の鶏を持ち込みます★)

そして、ハロウィン・パーティーでは目で見て食べて楽しむ「かぼちゃ」。

「かぼちゃ」と聞いて何を思い浮かべますか?

そう、かぼちゃの馬車、そして「シンデレラ」です!!!

ということで、実際に履ける「ガラスの靴」(定価10万円)の試着会&撮影会をしちゃいます!!!

ビロードのカーテンをバックに、ゴージャスな装飾が施されたソファーに座れば、あなたはまさにお姫様。

そして、ガラスの靴を履けば、あなたはシンデレラ!!!

イベントの時間内であれば撮影し放題で、商用撮影もOKです★
(足を拭けるさらさらシートをアメニティとしてご用意しておくので、ご安心ください!)

☆また、早期にチケットをご購入いただいたお客様には、私、城牙咲くらはから豪華プレゼントもあります!

若干名なので、お早めに!
★購入はこちらから→ https://claha.thebase.in/items/23391420

【イベント概要】

●イベント名:ハロウィン・ノーブル – シンデレラとガラスの靴

●日時
2019年10月20日(日)
OPEN : 15:00
CLOSE : 19:30

●会場
会場:中野Gallery-O2(ギャラリー・オー・ツー)
東京都中野区中野5-1-15 スターツ天神B1 https://goo.gl/maps/b1RNvvymRfE2
アクセス:JR「中野」駅より徒歩7分

●参加費:税込3,240円(10/1以降は3,300円)
★購入はこちらから→ https://claha.thebase.in/items/23391420

●ドレスコード:自由と美意識と創造性に満ちた「あなたにとってのハロウィンらしいファッション」

●備考
・飲食物の持ち込みに関して、みんなで共有して楽しめるおやつ等でしたら持ち込み大歓迎です!
(お飲み物はBARにたっぷりご用意があります。)

・未成年やお車を運転される方の飲酒、アルコールの強要行為はダメ!ゼッタイ!
(そんなあなたのためにノンアルコールカクテルのご用意があります☆)

・チケットご購入の際、ご住所等を入力する欄がありますが、チケット等の郵送は行いません。また、ご入力いただいた個人情報は、適切に管理し、今回の運営のみに使用します。また、チケット購入証明画面が入場券となります。

・グロテスクな表現は禁止とさせていただきます(例:血糊べったり、眼球ポロリ)。

・その他、何かご質問等ございましたら、私のTwitterアカウント(@clahajyogasaki)までお気軽にどうぞ!

皆様のご参加をお待ちしております★
★購入はこちらから→ https://claha.thebase.in/items/23391420

青のお茶会 – 2019年10月5日(土)


来たる2019年10月5日(土)!!!

前回大好評だった「真夏のクリスマス女子会」に引き続き、パーティー&ギフトプランナーこと、城牙咲くらはプロデュースによるイベント

「青のお茶会 ーLe Tea Party en bleuー」

を開催します!

今回のテーマは「青」。

青をアクセントにした会場で、青いケーキや青いチョコレートを食べながらワイワイ楽しく♪
まさに青いスイーツパラダイス状態♪(≧∇≦)

さらに前回も大好評を頂いた併設のBARでは青いオリジナルカクテルはもちろん、青い紅茶や青いワイン、果ては青いタピオカドリンクまで…?!

貴方の心も青く染まる(?)インスタ映え必至の参加交流型のお茶会なのです!

今回のドレスコードはズバリ「青」。

メインやワンポイント、小物、メイクなどに青を混ぜ込んだ、各々自由な青コーディネートにてお楽しみ下さいませ!

また、撮影用小物として青い飾り物等をお持ちの方はご持参頂けますと、インスタ撮影会も更にワイワイ楽しく盛り上がれるかと思います!
(当日は「青薔薇のコサージュ」などの限定販売もあります☆)

当イベントは基本的に、のんびりまったりワイワイキャッキャ♪なインスタ女子会のノリのお茶会イベントです。
そんなノリが好きなあなた、お友達をお誘い合わせの上、どうぞお気軽にご参加下さいませ!

※男性の方は「前回参加された方(or主催)のご紹介の方」のみ参加可能とさせて頂きます。
安心して楽しめるお茶会運営のための配慮ですので、どうぞご理解下さいませ。

なお、参加チケットは会場側の人数制限の都合上、定員に達し次第、販売終了となってしまいます。どうぞお早めに。

皆様のご参加をお待ちいたしております♪
チケットの購入はコチラ

【日時】
2019年10月5日(土曜日)
開場 15時
閉会 19時(完全撤収 20時)

【会場】
シェアスペBLUE四ツ谷
東京都新宿区左門町1−17
アパルトマン四谷 105号室
→ https://goo.gl/maps/6qhoszqh3pLpB7M36

【アクセス】
東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅より徒歩4分

四谷三丁目交差点、四ツ谷消防署の斜向かい、喫茶風月堂と塚田農場がある通りを進み、セブンイレブンとガストのビルを左折。

しばらく行くと左側に緑に囲まれた「四ツ谷バル」があるので、その隣の「アパルトマン四谷」入口へ。

入って一番奥の部屋が今回の会場です。

会場ドアの私「城牙咲くらは(Claha Jyogasaki)」の旗を目指してね☆

【備考】
・飲食物の持ち込みに関して、今回の「青」というテーマに合っており、みんなで共有して楽しめるおやつ等でしたら持ち込み大歓迎です!
(お飲み物はBARにたっぷりご用意があります。)

・今回の会場は靴を脱いでソファーでのんびりまったり、な感じです。
土足は禁止なのでご注意を。(スリッパの用意はあります)

・未成年やお車を運転される方の飲酒、アルコールの強要行為はダメ!ゼッタイ!
(そんなあなたのためにノンアルコールカクテルのご用意があります☆)

・チケットご購入の際、ご住所等を入力する欄がありますが、チケット等の郵送は行いません。また、ご入力いただいた個人情報は、適切に管理し、今回の運営の身に使用します。また、チケット購入証明画面が入場券となります。

・購入後は、いかなる理由でも返金できかねますので、ご了承ください。

・その他、何かご質問等ございましたら、私のTwitterアカウント(@clahajyogasaki)までお気軽にどうぞ!

チケットの購入はこちらから!
https://claha.thebase.in/items/23093257

【重大発表】ギュスターヴ・モロー展(~9/23、あべのハルカス美術館)でグッズ販売中!

おひさしぶりです。


少し遅くなりましたが、告知ををさせていただきます。

7/13(土)~あべのハルカス美術館で開催されている
「ギュスターヴ・モロー展:サロメと宿命の女たち」の
グッズ制作をさせていただき、ミュージアムショップにて
9/23(月祝)まで販売中です!




さて、今回アルスマルシェがご提供する商品は二つございます。


今回のイチオシは、ハンカチです!

デュルー&モロータオルハンカチ
デュルー&モロー タオルハンカチ
(20cm×20cm、1,500円+税)

触り心地の良い、ふんわりとしたタオルハンカチ。

白いタオル地に金色の糸の刺繍が映えますね。

お値段、デザイン、そしてパッケージの洗練されたデザインに至るまで、お土産にはピッタリですね。

このハンカチの元となった作品はこちら。

ギュスターヴ・モロー《雲の上を歩く翼のあるアレクサンドリューヌ・デュルーとギュスターヴ・モロー》

普段は荘厳で幻想的な絵を描くモローが描いた可愛らしい絵ですね。


そして、もう一つの商品が「モロー缶バッジ」(全4種、410円+税)です。

元となった作品と一緒にご紹介します。

まずは、こちらの二種類です。


左:ギュスターヴ・モロー《出現》の部分(サロメ)
右: ギュスターヴ・モロー《出現》の部分(ヨハネ)

同じ一枚の絵をトリミングしたこの2つの缶バッジ。

元の絵がこちら。

ギュスターヴ・モロー《出現》、油彩・カンヴァス、ギュスターヴ・モロー美術館(パリ)、1876年頃

私は一度パリで実物を見て、あべのハルカス美術館の本展示で再会したのですが、画像では伝わり切らない繊細さやトリックがあります。

白や黒の線描が後に描き足されたものなのですが、中景にいる赤い服の人物(首切り役人)の足元をよく見ると…

後はあなたの目で確かめてみてください(9/23まで!)。


そして、こちらの缶バッジ。

 この商品の元絵はこちら…

ギュスターヴ・モロー《エウロペの誘拐》、油彩・カンヴァス、ギュスターヴ・モロー美術館(パリ)、1868年

そしてもう一つ。

この可愛い天使が描かれている元絵は…

ギュスターヴ・モロー《ヘラクレスとオンファレ》、油彩・カンヴァス、ギュスターヴ・モロー美術館(パリ)、1856-57年


神話や聖書の物語に独自の解釈を加え、原点にはないシーンやポーズを描いたギュスターヴ・モロー。

彼の作品にはユイスマンスが認めた「宝石をちりばめたような」美しさがあり、独特の解釈を加えた文学的な「違和感」があります。

あべのハルカス16階、会期は9/23(月祝)までです!

あべのハルカス美術館のミュージアムショップは、美術館の入場チケットを買わなくても無料で入れるので、ショッピングのついでにフラッと寄るのも楽しいですね。

*****************
住所: 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
開催期間: ~ 9月23日(月・祝)
休館日:本日から最終日までなし
入場料:1,500円(一般・18歳以上)、1,100円(高校生・大学生)、500円(小中学生)
*****************


皆様のご来場を心よりお待ちしております。


アルスマルシェ 代表


【アート・美術】フェルナン・クノップフ≪私は私自身に扉を閉ざす≫

ごきげんよう。

アルスマルシェのブランドコーディネーター「城牙咲くらは」です🌹

 

ベルギー象徴主義の画家フェルナン・クノップフ(Fernand Khnopff, 1858-1921)をご存知ですか?

 

「象徴主義者の中で最も国際的」あるいは「世紀末の魔術師」と呼ばれた画家は、その異名の通り、神秘的な画風を特徴としています。

 

僕が最も好きな美術作品もクノップフの作品です(その作品は後日)。

 

今日ご紹介するのは、彼の代表作の一つ≪私は私自身に扉を閉ざす(I lock my door upon myself)≫(1891年)という油彩画です。

フェルナン・クノップフ≪私は私自身に扉を閉ざす≫、油彩・カンヴァス、ノイエ・ピナコテーク(ミュンヘン)、1891年

続きを読む →

【美容・コスメ】コスメコンシェルジュ宣材写真

ごきげんよう。

 

城牙咲くらは(じょうがさき・くらは)です。

 

今日は、コスメコンシェルジュとしての宣材写真を撮ってきました🌹

 

コスメコンシェルジュとは、「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル」(日本化粧品検定協会HPより)です。

 


最近は化粧品雑誌の翻訳や美容記事を書かせていただくことが多く、「日本化粧品検定1級」の上位資格を取得したいと思った次第です🌹

 

撮影して下さったのは、歌舞伎町のフォトスタジオ「殿と姫」さんです!

 

****

店名:殿と姫
住所:東京都新宿区歌舞伎町2丁目2-21
Tel : 03-3577-9866
Email : info@tonotohime.com
営業時間:24時間営業(予約制)

****

 

なんと、24時間営業なんです!

 

アメリカ育ちの専属メイクアップアーティストの女性が、親身にメイクアップ&ヘアメイクをしてくださいます🌹

 

オープンしたばかりということで、しばらくは撮影料・メイクアップ料・ヘアメイク料がオープン記念価格でお得です!

 

アットホームな雰囲気なので、歌舞伎町に怖いイメージを持っている方でも安心できますよ🌹

 

****

僕の著書が好評発売中です!

『画集・怖い絵画;魔術的主題の世紀末』(デザインエッグ社)

モーリス・メーテルリンク『対訳 温室:他全詩集』(デザインエッグ社)

『青い鳥』でノーベル文学賞を受賞したメーテルリンクのデビュー作『温室』および他の詩を全て集めたのは、世界初です!

表紙の絵も僕が描いた油絵です。

是非、メーテルリンクの幻想的な世界をお楽しみ下さいね。

城牙咲くらは

Twitter: @claha_jyogasaki

【美容・コスメ】「ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)」展

ごきげんよう、城牙咲くらはです🌹

アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)20周年を記念して、「ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)」展が開催されています!

イベント名:ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)
会期:2018年7月14日(土)~8月26日(日)
時間:11:00~20:00
会場:テレビ朝日本社ビル1階 けやき坂スペース(六本木)

 

薔薇(美の象徴)と蝶(自由の象徴)のモチーフで知られているANNA SUIは、僕も大好きなブランドの一つで、一時期はバスセット一式をそろえていたくらいです。


紫色の背景に黒いアールヌーヴォー調の曲線の装飾、まさにANNA SUIの世界です!

入ってすぐの廊下には、こんなにも素敵なANNA SUIのプロダクトの写真が!

そして、ANNA SUIのファーコートを着たマネキンと、デザイナーのアナ・スイ氏の巨大な写真!

一緒に撮っちゃったりして★

迫力のあるマネキンがずらり。。。まるでバロック絵画のようですね。

服だけではありません!足元にも靴や雑貨がズラリ。

そして、やはりコスメですよ🌹

ここはフレグランスのコーナーで、定番アイテムもちらほら見られますね★

この妖しさ、素敵ですね🌹

そして、素敵なメイクアップ化粧品🌹

(頭の上にスマホをのせて自撮りするというテクニックを、この時に思いつきました)

少し歩いたところにあるイベントスペースでは、アナスイコスメティックの期間限定ショップがオープンしています🌹

 

是非チェックしてみてくださいね🌹

 

城牙咲くらは