【美容・コスメ】日本化粧品検定1級に合格した話

ごきげんよう、城牙咲くらはです。

化粧品検定とは?

「日本化粧品検定は生涯学習を目的とする一般の方々をはじめ、学生、美容従事者を中心に幅広い年齢層の方を対象に、化粧品・美容に関する知識の向上と普及を目指した検定です。」(公式HPより)

僕は自意識が強いのか、人一倍「美しくありたい」という気持ちが強いみたいです。

魔女っ子サバスで魔術講義を担当させて頂いていますが、人前に立つこと(=人に見られること)にやりがいを感じているからかもしれませんね。

「美容」それ自体は、僕が専門としている「美術」とは関係ないようにも思えますが、肖像画を描くという行為は「美の探求」ですから、自分の私生活のみならず、自分の活動とも大いに関係があります。

しかし、「日本化粧品検定1級」は、「化粧品の歴史」の項目以外は全て、完全なる「理系」の問題です。

そういう意味では、テキストを初めてパラパラとめくった時は難しそうな印象を持ちましたし、実際に、ある程度ちゃんと勉強しないと合格は難しいのではないでしょうか?

僕が試験を受けたのは、2018年5月27日。
会場は、東京農業大学でした。

問題は全部で60問であり、(試験の難易度によっても変わるそうですが)合格基準は70パーセントの正答率です。

つまり、概ね18門まで間違えて良いという計算になりますが、「膨大な出題範囲の中から60問しか出題されない」と考えると、やはりしっかりとした対策が求められますね。

僕は、テキストを二周読んで、問題集を一周することで合格しました。(教材はコチラ)

*ただし、受験をはじめ、あらゆる試験勉強に慣れていない人(目安としては、TOEICで600点を超えられない人)は、「勉強の仕方」を知ることから始めて下さい。「勉強の仕方」さえ分かれば、あらゆるジャンルで結果を出せます。

(*本名の部分を隠しています)

2級は、化粧品の基礎知識や美容法が出題され、「美容を語れる人になる」ことを目的としています。

1級は、「コスメを読めるプロになる」ことを目的とし、「2級の内容に加え、化粧品の中身(成分など)まで理解し、活用法を提案できる、化粧品の専門家としての知識を問います。科学的根拠のある正しい知識でコスメの活用法を提案できるコスメの専門家を目指します」(公式サイトより)。

1級に受かると「コスメコンシェルジュ」の認定プログラムを受講する資格を得ることができ、しかも、2級を受けなくても試験を受けられるので、個人的には、いきなり1級を受けることをお勧めいたします。

ちなみに、3級であれば、Web上で無料受験できるので(コチラ)、ご興味のある方はやってみて下さいね。

次回の1級・2級の試験は11月(申し込みは8月から)なので、ご興味のある方はチャレンジしてみて下さいね。

 

****

僕の著書が好評発売中です!

『画集・怖い絵画;魔術的主題の世紀末』(デザインエッグ社)

モーリス・メーテルリンク『対訳 温室:他全詩集』(デザインエッグ社)

『青い鳥』でノーベル文学賞を受賞したメーテルリンクのデビュー作『温室』および他の詩を全て集めたのは、世界初です!

表紙の絵も僕が描いた油絵です。

是非、メーテルリンクの幻想的な世界をお楽しみ下さいね。

城牙咲くらは

Twitter: @claha_jyogasaki

【美容・コスメ】コスメコンシェルジュ宣材写真

ごきげんよう。

 

城牙咲くらは(じょうがさき・くらは)です。

 

今日は、コスメコンシェルジュとしての宣材写真を撮ってきました🌹

 

コスメコンシェルジュとは、「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル」(日本化粧品検定協会HPより)です。

 


最近は化粧品雑誌の翻訳や美容記事を書かせていただくことが多く、「日本化粧品検定1級」の上位資格を取得したいと思った次第です🌹

 

撮影して下さったのは、歌舞伎町のフォトスタジオ「殿と姫」さんです!

 

****

店名:殿と姫
住所:東京都新宿区歌舞伎町2丁目2-21
Tel : 03-3577-9866
Email : info@tonotohime.com
営業時間:24時間営業(予約制)

****

 

なんと、24時間営業なんです!

 

アメリカ育ちの専属メイクアップアーティストの女性が、親身にメイクアップ&ヘアメイクをしてくださいます🌹

 

オープンしたばかりということで、しばらくは撮影料・メイクアップ料・ヘアメイク料がオープン記念価格でお得です!

 

アットホームな雰囲気なので、歌舞伎町に怖いイメージを持っている方でも安心できますよ🌹

 

****

僕の著書が好評発売中です!

『画集・怖い絵画;魔術的主題の世紀末』(デザインエッグ社)

モーリス・メーテルリンク『対訳 温室:他全詩集』(デザインエッグ社)

『青い鳥』でノーベル文学賞を受賞したメーテルリンクのデビュー作『温室』および他の詩を全て集めたのは、世界初です!

表紙の絵も僕が描いた油絵です。

是非、メーテルリンクの幻想的な世界をお楽しみ下さいね。

城牙咲くらは

Twitter: @claha_jyogasaki

【美容・コスメ】「ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)」展

ごきげんよう、城牙咲くらはです🌹

アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)20周年を記念して、「ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)」展が開催されています!

イベント名:ザ ワールド オブ アナ スイ(THE WORLD OF ANNA SUI)
会期:2018年7月14日(土)~8月26日(日)
時間:11:00~20:00
会場:テレビ朝日本社ビル1階 けやき坂スペース(六本木)

 

薔薇(美の象徴)と蝶(自由の象徴)のモチーフで知られているANNA SUIは、僕も大好きなブランドの一つで、一時期はバスセット一式をそろえていたくらいです。


紫色の背景に黒いアールヌーヴォー調の曲線の装飾、まさにANNA SUIの世界です!

入ってすぐの廊下には、こんなにも素敵なANNA SUIのプロダクトの写真が!

そして、ANNA SUIのファーコートを着たマネキンと、デザイナーのアナ・スイ氏の巨大な写真!

一緒に撮っちゃったりして★

迫力のあるマネキンがずらり。。。まるでバロック絵画のようですね。

服だけではありません!足元にも靴や雑貨がズラリ。

そして、やはりコスメですよ🌹

ここはフレグランスのコーナーで、定番アイテムもちらほら見られますね★

この妖しさ、素敵ですね🌹

そして、素敵なメイクアップ化粧品🌹

(頭の上にスマホをのせて自撮りするというテクニックを、この時に思いつきました)

少し歩いたところにあるイベントスペースでは、アナスイコスメティックの期間限定ショップがオープンしています🌹

 

是非チェックしてみてくださいね🌹

 

城牙咲くらは

【美容・コスメ】村上精華堂

ごきげんよう、城牙咲くらは(@claha_jyogasaki)です!

 

今日お話しするのは、1928年(昭和3年)創業の「村上精華堂」についてです。

 

この建物は、東京都台東区池之端2丁目に、不忍通りに面して建っていた小間物屋(化粧品屋)です(現在は東京都小金井市「江戸東京たてもの園」内に展示)。


夜になると、このようにライトアップされ、まるでジブリの世界観を目にしているかのよう。

「人造石洗い出し」仕上げのテクスチャーで、イオニア式の柱を持つ、いかにもハイカラな風情です。

しかし、創業者の村上直三郎さんは、この建物で、化粧品の製造・卸し・小売りを行うだけでなく、住居としても使っていましたから、店頭の奥には、2F&3Fの住居スペース(非公開)へと至る階段を見ることができます。

この店頭の机の横には、日本における化粧品の歴史の概要が書かれています。

「日本化粧品検定1級」のテキスト(主婦の友社)で資格勉強をされている方ならば、すっかりおなじみの歴史ですね!

 

この頃は、化粧品が、薬事法(現「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)の適用を免れていたこともあり、独自の多様なラインナップをそろえていたようです。

 

「志のぶポマード」、「精華堂香油」、「精華クリーム」、「パミールバニシングクリーム」、「パミールコールドクリーム」、香水etc…

 

商品名に自社名を付けていることからも、ブランドとしてのプライドのようなものを感じますね!

 

城牙咲くらは